シンポジウム

シンポジウム奈良きたまち学

日 時 2013年6月1日(土) 14時開演
場 所 奈良県新公会堂 奈良市春日野町101
参加費 3,000円(会員割引あり)

奈良時代から現在までの長い時間を重ね、さまざまな歴史の足跡とともに人々が暮らすまち、奈良きたまち。「奈良きたまち学」とは、どこからどこまでが奈良きたまちなのか、また、このまちの魅力をどう整理し、発信していくべきなのか、歴史的、地理的に考えていくこと。奈良きたまちを活動拠点とする文化創造アルカにとって、「奈良きたまち学」はメインテーマのひとつです。

箜篌演奏 摩寿意英子氏
(解説:奈良国立博物館学芸部長補佐 内藤 栄氏)
シンポジウム 千田 稔氏(奈良県立図書情報館館長)
絹谷幸二氏(洋画家)
狭川真一氏(元興寺文化財研究所研究部長)


シンポジウムのお申し込み、お問い合わせは、メール、FAXでお願い致します。
■ FAXは、FAX送信用紙をプリントアウトし、ご利用下さい。
    FAX送信用紙(PDF)▶

■ メールには、お名前、連絡先を必ずご記入下さい。

イベントスケジュール

InternetExplorerでは表示できない
場合があります。


参加者募集中

講座「写真家・入江泰吉」ご報告

アルカのブログ

24節気と72候

奈良きたまちweek